双方にとってうまみのある愛人という関係

双方にとってうまみのある愛人という関係

女性たちの中には親元を離れて一人暮らしをしているという人が多いのではないかと思いますが、生活費を払うだけで精一杯であり、お小遣いと呼べるようなものはほとんど残らないかもしれません。そのために副業をしている人たちも多く、その中には水商売や風俗で稼ぐ女性たちも確かにいます。生活のためには仕方がないのであり、そうこうしているうちに何らかの出会いがあればいいという期待を抱いていたりします。そのような女性たちは誰かの愛人関係になることを希望する場合があります。水商売や風俗はいつもいろいろな男性を相手するので大変ですが、愛人であればひとりの男性を愛するだけでいいのです。そしてその男性の喜ばれることをするだけでその男性から養ってもらえるかもしれず、欲しいものを備えてもらったりするのです。つまりどちらかというと自分の生活のために愛人になるのであり、その男性と結婚できなくても自分としては構わない、でも自分を支えて欲しいという願いなのです。

 

このような愛人関係はお金でつながっているようなものであり、女性はその付き合う男性が自分を支えてくれる限り尽くしてくれますし、その男性に家庭があったとしてもその家庭には一切干渉しないというスタンスなのです。このようにして愛人関係はお互いにとってうまみがあり、メリットといえるものがあるので愛人関係を続けますが、もし男性が自分を支えてくれなくなるとその愛人関係は終わりに至るかもしれません。