愛人というのは歪んだ優越感でしょうね

愛人というのは歪んだ優越感でしょうね

愛人...という敢えて不安定な位置に身を置く人。そこには、やはりいくつかの何とも言えない心地よさがあるのだと思います。
その相手には奥さんがおられます。そして、おそらく自分よりも年をとっているので、まずそこがなんともいい気分なのではないでしょうかね。若さというのは相対的なもので40代の奥さんに比べれば、自分は若いわけです。でも、同世代の女性と居れば若くもなんともないわけです。そして、男性の方も、奥さんと比べれば愛人女性は若く感じるので、可愛く感じたりします。奥さんよりも若い...というちょっと寂しい優越感がそこにあります。
それから、愛人のいる男性は一般的にやや高齢です。そうすると、若い男性よりは高収入なので一時的でも良い暮らしをさせてもらえます。ブランド品も買ってもらえたりするので、若い世代の男性と付き合っている女性に対して、自分の方が良い相手といるような錯覚も起こすかもしれません。
でも、実際のところ、そんな関係で裕福な暮らしをしていても、友人女性達は全く羨ましいとは思いませんよね。本当に良い友達がいたら「良くないから止めなさい」と言ってくれるのでしょうが、愛人になるような女性には良い友達もいないことが多いのです。自分ひとり、同世代の女性にも勝ったような気分で、派手な暮らしをする方がいるようです。
自分はまだまだ若くて可愛い、そのうち結婚してくれるだろう....という幻想を抱いて暮らしていくのですが、愛人を持つ男性はそのうちまた更に若い女性に目移りする可能性が大きいことを忘れないほうが良いと思います。